AI技術

AI Technologies

先端技術研究所は、1991年に音声認識の研究を起動しました。 先進的アルゴリズム開発、車載製品に必要な騒音除去信号処理、車載のナビCPUで動作させるためのアルゴリズム軽量高速化等の開発を経て、1997年にカーナビ ”NAVIRA”で音声認識を製品化し、純正カーナビにも搭載されました。音声認識技術は、その後のAI研究の基幹技術(大規模データの収集・学習、計算機環境、フィールドテスト環境の構築、品質保証につながる設計評価プロセスの構築等)となっていきました。

これを原資に、現在は 「交通事故ゼロ」 を目指した先進安全システムや、製造工程の高度自動化と省エネルギー化に貢献する Factory-IoT、 快適なクルマを実現するための人間理解研究へのAI応用等に取り組んでいます。

  • カーナビ “NAVIRA”音声認識モジュール (‘97)

    カーナビ “NAVIRA”音声認識モジュール (‘97)

AI研究 アプローチ

  • AIの車載化に必要な技術要素を多角的に捉え、それらを連携・融合させる最先端の研究を推進しています。

  • AI研究のサイクルをスピーディーに実施し、アルゴリズム研究、性能向上開発から製品適用まで、短期での完遂を実現しています。

AI・機械学習を用いた AD/ADAS 技術 ・ F-IoT最適化技術 ・ 人間センシング・アクチ技術

深層学習など学習手法の進歩、GPUやクラウド等の計算機環境の高度化を活かし、AI技術の更なる高性能化に取り組むとともに、AD/ADAS~自動運転/先進運転システムに必要な“認識・予測・判断”機能の高精度化、Factory-IoTに必要な自動搬送ロボットの運行経路の最適化研究、そして、ドライバの生理・心理の計測・推定技術の開発等を推進しています。

  • AD/ADAS 技術

    • ドライバを超える認識
      見えない危険の予測

    • 他車/他者との協調
      熟練ドライバのスキル

  • 最適化技術

    交通・人流・物流・エネルギー
    ロボット動作

  • 人間センシング・アクチ技術

    センサーフュージョンによる
    ドライバの状態推定

  • 自動運転/先進安全システム

    自動運転/先進安全システム

    歩行者・車両・障害物を検出

    自動ブレーキで衝突回避や被害軽減

  • スマートシティ・スマートファクトリ

    スマートシティ・スマートファクトリ

    物流・エネルギーの動的最適化

    最大効率・最小エネルギーで工場稼働

  • 先進コックピット

    先進コックピット

    ドライバ状態の計測・推定

    快適な車室内空間を創造